対人恐怖症・人間関係

1/4ページ

本当は対人恐怖症は人が原因ではないことを知るとスッキリする

自分はもともと、対人恐怖症で、いつでも人に会うとビクビクして、緊張で 倒れそうになっていた。 だから、もう人と会わずに、夜中の新聞配達をして、ひっそりと暮らしていた時期もあった。 学生時代は友達が1人もいなくて、いつも死にたい、死にたい、と願いながら生きていた。 そんな中、まさかの悟りを科学化し、コミュニケーションで再現できる技術に出会い、 心のメカニズムが理解できたときに、ビックリするほど、スッ […]

人間の99.9%は全員対人恐怖症なので安心してください。

「人間の99.9%は全員対人恐怖症なので安心してください。」 このタイトルを見て、あなたはどう感じましたか? 「まさか!人が好きで楽しそうにしている人もいるよ」という声が聞こえてきそうですね。 そんな声が聞こえようが、人間の99.9%は全員対人恐怖症なんだ、ということを 自分は理解、納得、確信しているので、それを今日は語りたいと思います。 ■人間の現在地 人間は、当たり前かもしれませんが脳を持って […]

スピリチュアルでは解決出来ない対人恐怖症の1つの原因とは?

今日は、 「スピリチュアルでは解決出来ない対人恐怖症の1つの原因とは?」というテーマでお届けします。 よくこんな言葉を使う人がいませんか? 「直感で今、タイミングじゃない気がする。」 「何か違う、直感でそう感じる。」 「この情報が来るってことは、それを学べってことだから。」 など、など。 よく分からないけど「直感」でそう感じるから。 という共通のキーワードを使う。 昔は自分もよく直感という言葉を使 […]

怒りが生まれる仕組みが見えたら「嫌われる!」という感情に囚われなくなるよ。

■嫌われたくない感情 自分はいつも、いつも「嫌われたくない」という感情に掴まれて 人生をずっと過ごしてきました。 「嫌われたくない!」という感情があるってことは、その背景には必ず 「嫌われている私」というものが強烈にあるんですね。 嫌われている私 → 嫌われない私になる   こんな感じ。 その嫌われている私というアイデンティティーが強烈に固定されているので 何やっても、「嫌われた!」とい […]

人間の質問の方程式

NO IMAGE

以前に、考えは質問に答えるものを形化したもの、とお伝えした記憶があります。 ( したような、しないような。ちょっと忘れましたが。。 ) ということで今日は、「考え」を支配している質問について考えてみましょう。 ■人間は考えに支配されているが、その考えをも支配しているものは? 人間は考えによって、活かされ、考えによって殺されもする。 なので、この考えを何とか、かんとか、しないといけないですよね。 考 […]

我慢が爆発するとムカついたヤツに殺意が湧くが・・・

NO IMAGE

■ピナツボ火山の噴火 今日は、久しぶりにムカつきました。 どんなことにムカついたかと言うと 「相手が勘違いして自分をジャッジ」 されたと思い込んだときに、 ピナツボ火山が大爆発を起こすように 怒りの導火線にスイッチが入り、その相手に 対して殺意が湧いてくる。 そんなパターンに出会いました。 ■自分が悪魔だということを受け入れるビックな器があるのか? 自分はジャッジされたくない。 否定されたくない、 […]

対人恐怖症を120%克服する方法

■自分が何者なのか分かりますか? 基本的に、人間は全員対人恐怖症ですね。 なぜかというと、すべては繋がっているという安心感もなく、自分がこの世界に 生まれてきた意味価値も分からず、 どこからきて、どこに向かっているのかもまったく分からないから、恐怖、不安を抱えて、 その結果として対人恐怖症になりますね。 だから人間はみんな対人恐怖症。 そして人間で一番苦しいのは、お金がないからでもなく、地位名誉が […]

AIを恋人にしてしまうかもしれないのが現実化してきた・・・

NO IMAGE

AIアシスタント 聞いたことありますか? ↓の動画をみて、ちょっと未来を予測したら、危機感とワクワクするイメージがきました。     それと、同じくこういったAIアシスタントがそれはまるで恋人のようになってしまうことの映画がありましたが 「AIを恋人にしてしまうかもしれない」というタイトルのブログを読みましたが、 実際に、マジで?リアルに?本当にAIの恋人になってしまう人間が間 […]

自分の行動はすべて「怒られたくないから」という情けない人生でした。

結果を出さないと、と焦る理由とは? 結果を出す これが自分の認定欲求を満たす条件になる。 それだと、たとえ、結果を出したとしても、嬉しくない。 昔の自分は何をするにも、常に焦っていた。 そのプロセスを楽しむわけでもなく、結果だけを得る、それが勝利の道だと思っていた。 では、そもそもなぜ?結果を出さなくちゃいけないんでしょうか? 結果を。 ■何もしない自分に対する認識 何もしないし、結果も出せずに、 […]

部下とのコミュニケーションで「コーチング」が失敗する?

NO IMAGE

■部下とのコミュニケーションで「コーチング」「カウンセリング」では通用しない? 部下とのコミュニケーションで「コーチング」「カウンセリング」などを採用し多くの企業などに活用、応用されていると思います。 コーチングの世界ではその人の無限の可能性を引き出して、 「自己肯定感」を高める。 「自分が最高だ!」「自分が凄いエネルギーそのものだ!」「自分は無限の可能性だ!」と そんな自分のイメージを最高の状態 […]

1 4