日々の気づき

今川君メトッド。。

今川くん。 例えば、どんな嫌な仕事だったとしても いかに楽しくできるのか? 同じ時間を人は過ごしているが自分がどうこの世界を認識しているのかによって、 人生が変わる。 それを実際に実践している、今川くんという青年に出会った。 リスペクト。 頭で理解していることと、実践していることは 雲台の差がある。 そして、自分が実践していることと、人に影響を与えることも、 これまた雲泥の差というか、 その実践し […]

効率よくスタイリッシュにが「人間の尊厳の破壊だった。」

自分は人工知能のように効率よく手際よく、 サクサクと仕事をこなす。 これが「かっこいいし」「正しさ」だと思い込んでいた。 効率がいいとは、短い時間で結果が出る。 プロセスを吹っ飛ばして、結果さえ出れば それで満足。 満足のはずが・・・ 満足しなかった。 心の底から満足出来なかった。 その時、ふと思った。 「自分は結果を出して、何を得たいんだ?」 仕事でも作業でも、何かのプロジェクトを実行することで […]

「何かを変えることが出来るのは何かを捨てることが出来る人」その意味とは?

進撃の巨人の歌で 「何かを変えることが出来るのは、何かを捨てることが出来る人」 だったかな? 確か。 そんな歌詞が頭をよぎった。 スティーブ・ジョブズも、 「最も重要な決定とは何をするかではなく何をしないかを決めることだ」 と言っている。 自分もどちらかと言うと、あれも、これも、それも、と収拾がつかなくなってしまうことが 多々ある。 今日も交流会を主催したが、いろんな要素をあれも、これも盛り込んで […]

「見た目」のテンションの高さが全てだったのか?

自分はどうやら、見た目、ぱっと目で見て 「テンション高い」のが素晴らしいと思い込んでいるみたい。 声が大きい、ジェスチャーがデカイ、勢いがあり涙を流す? エモーション、熱量が「見た目」であるのが二重丸がある。 それに気づいた、気付かされた。 そういった目で見る情報に翻弄されていた。 最近、いろんな自分の思い込みがたくさん隠されている。 例えば、怒りの感情はあまり良くない、とか。 効率よくやることが […]

心の変化ストーリーを語ります①

心の変化ストーリーを今日は語りたいと思います。 自分の人生は一言で言うならば・・・ 人から裏切られる恐怖、不安に苛まれてきて 絶対に人から嫌われないようにしようと必死こいてきたんですね。 「嫌われたくない」「嫌われたくない」「嫌われたくない」と呪文のように繰り返し、繰り返しイメージし続けたんですね。 そして、小学生、中学、高校と一番仲よかった大親友が、理由も告げずに自分との距離を置き、すーとフェイ […]

心験ストーリー

自分は支配する側と、支配される側の社会の構造が死ぬほど嫌だ。 人はもっと平等であり、人はもっと自由であり、もっと、もっと、もっと。 こんなもんじゃない!!! ・・・・はず。 と思っていた。 だからストレートに言うと、上下関係が本当に嫌だ! だから昔、フラットで平等な生活をしていると思われるアメリカのインディアンに会いに行ったりしたんだ、とふと思った。 (けど、インディアンは文明の息がかかっていてジ […]

ダンス、ギター、演出、何やっても満たされない・・・

昔、ギターの弾き語りや、ダンス、スターウォーズのパロディの脚本などなど。 そうだ。 陸上をやっていたから地区大会の100メートル走で優勝したときも・・・ 達成、優勝、みんなから「良かったね」と言われても心の奥底には虚しさが空虚に佇んでいた。 「む、む、虚しい。」 この感覚。 だから高校時代にハードルの選手をしていたけど、大会に出場すれば、必ず優勝出来るのに、 肉離れをした、と嘘をついて大会には出場 […]

恐怖、不安をし対人恐怖症になるのは日本人だから?

恐怖、不安になりそれがエスカレートして対人恐怖症にまでなった自分が たどり着いた根本原因。 それを発見したのでお伝えします。 人間はそもそも恐怖、不安という感情は生存本能によって備わっているものです。 その恐怖、不安がなくなれば、ゴムなしバンジージャンプや、もしくはいきなりやかんに 入った熱湯を頭からかけたり。 そんなことを兵器、違った平気でしてしまいます。 こんなことをすれば死んでしまうので、そ […]

そのまんまでいいんだ、の罠

「そんまんまでいいんだ。」 その意味、価値、理解は 無意識深くにある恐怖、不安から出発する 「変化意思」を手放した時。 その「変化意思」を客観的に観れた時。 「そのまんまでいいんだ」の99%は 無意識深くの恐怖出発の変化意思を知らないから 単なるプラス思考だ。 と思った。