hitotu11

1/46ページ

悟った人の「言葉」で悟りの白帯、黒帯が見分けられる。

「悟り」と聞くと、大概の人は、「つながっている」「1つの世界」「宇宙と一体感を感じる」 などなど。 そんな言葉をよく使うし、よく聞くと思う。 全てが繋がりあって「自分が生かされている」 だから、生きているだけで「有り難い」と感謝が湯水の如く溢れちゃって しょうがない、みたいな。 実は、悟りにも段階があって、白帯、黒帯と2つの階級に分けて、説明すると、 「全てが繋がりあって、私は宇宙、自然に生かされている」 これは白帯。 一般目線から […]

メタバースの先を行くアバター体験会のメッセージ

メタバースといえば、仮想現実空間。 最近では、イーロンマスクもこの世界は仮想現実、ホログラムだ、ということを言っており、 世間を騒がせましたね。 映画のレディプレーヤーワンの世界でも描かれているインターネット空間に自分の分身であるアバターというキャラを作り、そのキャラを操作し、そのキャラを演じ、そのキャラが自分になり、 そのキャラが自分として生きる。 そんなこの現実がある自分じゃなくて、ゲームの中の自分が、だんだんリアリティを持って […]

本当の自分(悟り)を知るための7つの質問

笑える地獄ワークショップを開催しようと思う。 サブタイトルは、「自分らしくない生き方をしよう」になる。 「自分らしく生きる」という言葉すら違和感を感じている人は、参加してみてください。 「自分らしく生きる」という思い込みに固定されてしまうと、逆に苦しくなってしまいますよ、という メッセージのあるワークショップにもなります。 そのワークショップの中で、本当の自分を知るヒントになる7つの質問をする構成で 考えています。 こんな7つの質問 […]

対人恐怖症の僕が悟った人になり「我慢しない生き方」をした仕組み

以前の自分は、遠くから顔を知っている人が歩いてきたときに、すれ違う時に「何を言っていいのか?」分からずに 恐怖、不安で、今まで来た道を引き返して、ダッシュで逃げてしまうぐらい 超対人恐怖症でした。 リラクゼーション、催眠術、ヨガ、深い呼吸法、プラス思考の自己啓発(自分が好きだ!と呪文のように毎日、1万回唱える)、針、マッサージ、接骨院、電気療法、ジョギング、マクロビオティック、心理学の本を読みまくる、などなど。 数え上げればきりがあ […]

悟っている人の日常生活3つのイメージ

私も御多分に漏れず、悟っているので。(悟りにも段階があるので、まだまだで、ごじゃりますが。。) 今日は、悟っている人の日常生活をお伝えしたいと思う。 というか、悟っている人のイメージトレーニングでウハウハ♪というテーマにもなると思う。 ■悟っている人はまるでMみたい 今日のイメージトレーニングは、こんな感じだった。 1、「今日は自己否定を半日して布団の中で悶々としちゃったよ、テへっ♪」 2、「アメリカの奴隷化で能力主義が最高だ!と思 […]

悟った人の日常の習慣化トレーニング

自分の毎日の認識トレーニング 自分がちょっとでも怒り、イライラ、理不尽だ、相手が悪い、政治家が悪い、プーチンが悪いって思った瞬間に、超無意識に自分の中の「正しさ」がある。 自分の中の正しさは、たいがい、能力主義で、「自分ができる」が絶対の正しさで、それを妨害する状況に出会うと、必ず怒りが出る。 そして、怒りの背景には必ず、人間が共通で持っている機能でもある悲しみ、寂しさ、孤独があり、自分の場合は、ポジションがない、無視される、という […]

悟った人を紹介するブログ解説の背景

この「悟った人」を紹介するブログを発信しようと思った背景を話します。 それは、自分が資本主義社会に翻弄されて、効率よくできるサクサク、と。 そして、賢い、段取りよく、かっこいいできる男のスマートなビジネスマンが「かっこよさ」の最上級だった。 が、しかし。 そのカッコよさが、実はこの世界を牛耳る人たちにとっての「都合のいい奴隷」だった、という ショックから、新しい生き方、教育を発信したい、と思うようになった。 (実は今でもそのかっこよ […]

悟った人が提供する完全学問の教育

ポストコロナonlineで21世紀の悟り人が、こんなことを語っていた。 ポストコロナ on-line会議 (peraichi.com) ー-------------- 考えがどうやって生まれるのか? 自分の生老病死すら教えられない。 そんな学校の先生は何を教えるのか分からないはず。 支配秩序(国)に従う暗記教育の学びをするから。 シンプルに言うと、 真理を諦めて、倫理道徳に逃げている。 人に迷惑かけなければいいんだ、と妥協している。 […]

凄い人!5つの見極め方STEP

凄い人!の見極め方は5つの段階で見るといいと思う。 1、何を「言っている」のか? 2、何を「やっている」のか? 3、やっていることをどれだけ「継続している」のか? 4、継続したことがどれだけの人に「賛同されている」のか? 5、その賛同でどれだけお金を「稼いでいる」のか? ■ 1、言っている 情報が多いので、誰でもブログ、YouTubeなど発信ができる時代になり、コピペしたり、誰かが言ったことをそのままサルマネして発信したりできちゃう […]

日本人の自己否定文化は戦後7年で作られた

日本人は、とかく、否定された、という恐怖不安がすごくデカい、って最近思う。 というのも韓国人であるNoh Jesu氏のセミナーに参加中だが、韓国の文化を通して日本人がかなり浮彫になった。 ついさっきも、ある2人の意見に対してジャッジしてしまったが、自分がジャッジする前に 自分の中で否定された!という恐怖、不安でいっぱいになったのを確認できた。 もうオートで、否定された、責められた!って感情がぶわっ!と勝手に出てくる。 もうとめどもな […]

1 46